金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

村上春樹

遠い太鼓

月末なのでブログを書こう。今年も残り一ヵ月だよ。早いねぇ。 新都社の話。完結した月下庭園が面白かった。長さは中編ぐらいかな? BL風ですがそういう成分が強い訳ではありません。雰囲気が良い。 あと今年もどうにか眼鏡FA祭りに参加できました(五回目)…

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

金曜にこの一年で三度目となる瀬尾まいこの「幸福の音楽」を読んだ。 その後はこの作品を読み、今日の夕方に読み終わった。 以降は感想と覚書のようなモノ。ネタバレを含むのでご注意くださいませ。

ねじまき鳥クロニクル

読もう読もうと思って後回しにしていたねじまき鳥クロニクルを再読した。 確かこれで三度目だけど、ストーリーはほとんど忘れてしまっていた。 ただ、加納クレタの過去や皮剥ぎの拷問やギター男の部分はよく覚えてた。 痛みの話は思い出すだけでぞわぞわする…

海辺のカフカ

そう、君はひどく奇妙な場所に立たされている。君はすでに失われてしまったはずの少女の姿に恋をして、すでに死んでしまった少年に嫉妬しているわけだ。にもかかわらずその想いは、今まで君が現実に体験したどんな感情よりもはるかにリアルで、切ないものだ…

ノルウェイの森について思う事

「ノルウェイの森」は印象に残るシーンがいくつもあるのだけど、 あまり読み返したいと思う作品では無かった。 二回読んだくらいで買ってもいない。表紙も好きじゃない。 別に嫌いな訳じゃないけど、初めて読んだ時の印象が良くなかったんだ。 まぁ言ってし…

ダンス・ダンス・ダンス

久しぶりに村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」を読んだ。 村上作品で最初に読んだのは「海辺のカフカ」、次がこの作品。 読み返すのはこれで4回目くらいだろうか。正確には思い出せない。 ページをパラパラめくって適当な部分を読んだり、 好きな表現を繰…