金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

嘘の話

余裕のある時に描いたナナミのFAをエイプリルフールのネタとして投稿した。
最近はほとんど絵を描いていない。時間が無い訳じゃないけど。
たまにペンの調子が悪くなるのは描かない事に抗議しているのか。
そういえばペンタブを使い始めて大体一年経つんだな。
初ペンタブFAだったシホの絵は編集部のFA作家の酒場でも褒めてもらった。
4月1日の事だったから「エイプリルフールの嘘かな」とも思ったけど。

僕はやたら気を遣う性格だけど、ネット上では嘘をつきたくない。
簡単に嘘がつけるし、それが嘘だと簡単にはわからない場所だから。
・・・と、以前言っていたけど、そうでも無かったな。
眠くても話し足りない時に「眠くない」と言ったり、心配された時に
「大丈夫」と返したり。相手に迷惑をかける類のモノでは無いけど・・・。
その中の一つ、少しココロに引っかかっていた嘘の話。

昨年の6月、不死鳥先生と最後に話した時。
新都社の鯖が代わった事を受け、絶クレの各ページのコメント欄の
URLを修正して絶スレにうpしたのだけど、いくつかミスがあった。
何度もスレでやりとりするのが面倒だった為、
絵チャにお呼びして直接ファイルの説明をしたのだった。
説明とアップロードが終わり、謝罪とお礼を言った所で、
不死鳥先生に「RM先生、最近僕に失望した?」と聞かれた。
当時の僕は、不死鳥先生が、不死鳥先生自身の事を
真剣に考えてくださっている人(僕は含まれない)を軽視して、
口当たりの良い言葉にすがる傾向が強まっている・・・と、
すごく失礼だけど、勝手に思ってがっかりしていた。
それをある作者に話した時に「君の思いは安っぽい」と指摘されて、
色々考えて自分の未熟さを自覚していたので
「そんな事ありませんよ」と否定した。
不死鳥先生はそれで納得されたのか「そう、じゃあ」と仰って退室された。

わざわざ書く事では無いかもしれないけど、何となく心に残っていた。
確かに失望はしていたのだ。咄嗟に嘘をついてしまったなぁ。
もし不死鳥先生が帰ってきて、この記事を読む事があるかもしれない。
なので「ごめんなさい」と言っておきます。


ついでに以前書いた文章も載せておこう。
信者が作者と直に感想のやりとりをするべきじゃないと思っていたので、
僕が絶クレファンであるうちは不死鳥先生をフォローしないようにしよう、
と思い不死鳥先生にフォローを外してもらった事があった。
結果的にはそれは正解だったと思う。
仲良くなってもきっとお互いにとって損にしかならなかっただろうから。
というか、そもそも仲良くなりたいとは思わなかった気がする。
オン会でお話しするのは楽しかったけど、一方的にFAを描いたり
感想を書き込んだりつぶやいたりする距離感が心地よかった。
オン会で二人っきりの時は全然会話が無くて、気まずい感じだったな。
僕が話し下手という事もあるけど、誰かとの会話を見てる方が楽しかった。
意見を求められたり頼られたいって気持ちも無かったはず。
ずっと見守りたいとか、お慕い申し上げるという気持ちはあった。
あとアレだ、死んでインストールされたいって気持ち。
当時は今のように死へ向かう気持ちはほとんど無かったけど、
不死鳥先生のココロと一体化して、価値観や作品の世界観の全てを
直に触れられるなら、喜んで死ぬと本気で思っていた。


そんな僕だったけど、不死鳥先生の作品は随分前から読んでいない。
去年の後半は不死鳥先生の事を考える時間も大幅に減っていた。
二週間前に電話をかけて以降も、あまり頭に無い。
ファンだ何だと言っていたのに、結局自分の事で精一杯か。薄情なヤツだ。
正直、今は他の人の事や明日生きないといけない事で頭がいっぱい。
どうしたら。