金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

昔シリーズ2.5

PCと外付けハードディスクのデータを少し整理した。
最初の頃に描いたり投げたりしたFAのファイルが見つかって懐かしかった。
日付を見ると、あの頃はほぼ毎日違う絵を描いていたようだ。
2年前の今日は幼ナナミとフミキさんのFAをうpした日。
絶スレで「こういうのもっと見たい」「良い絵柄」と言われて嬉しかった。
自分の絵柄がどういうモノかよくわかっていなかったけど、
「こんな絵でも喜んでもらえるかもしれない・・・!」と思った。
当時は「不死鳥先生に喜んでもらいたい!」と思って描いていたけど、
「同じ絶クレファンの人に認められたい!」という思いもあった。
こんな下手な絵で叩かれないかな、という不安な気持ちを抱えていたけど、
暖かく迎えてもらって嬉しかったな・・・。
「僕はここに居ても良いのかもしれない・・・」とも思った。
エヴァのシンジ君を思い出すな。

暖かい、か。去年何度か「暖かい絵」と言われた事がある。
どういう部分がそう見えるのかさっぱりわからない。でも嬉しかったな。
理解できないけど、僕の絵を好ましく思ってくれる人が時々居るみたい。
それはとても有り難くて嬉しい事だ。実際すごくすごく喜んでいる。
「もっと頑張って良い絵を描けるようになろう」と思えたら良いのだけど。

未練が残らないように、少しずつ手放したり終わらせたりしようと思った。
でも駄目だ。やっておくべき事を終わらせていく度に恐怖を感じる。
きぼんFAを投下した日も「理由が無くなる!」と思って怖かった。
特定のモノに対しては物凄く欲張りになってしまって、
そういうのを抑えたり断ち切ったりする事が上手くできなくて。
ここ数日まともに考える頭が・・・ううん、いつもの事だったかもしれない。