金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

幸せについて思う事

幸せに生きたい。
ほとんどの人はそうだろう。僕だってできれば幸せでありたいと思う。
しかし現在において、僕は毎日死ぬ事ばかりを考えている。
幸せになる事、死ぬ事。どちらが本当の望みなのか。

幸せになる為にはたくさんの壁を乗り越えていかなければならない。
以前そんな事を言ったら「幸せを条件付けている」という様な事を言われた。
では壁では無いとしよう。それは大きな扉なのかもしれない。
鍵となるのが自分を認める事、自分が存在しても良いと思う事だとして。
自分を許したり、自分を好きになったり?それは僕にとって大変難しい事だ。
どうすればそう思えるようになるのか、まるっきり見当がつかない。
どのくらい時間をかければ、どれだけ努力すれば良いんだろう。
たくさん時間がかかって、周りにたくさん迷惑をかける事になるのだろう。
そしてその結果、全然良くならなかったら・・・このままなのだとしたら。
そう考えると怖くてたまらない。だって、そうなってからでは遅いのだ。
幸せを目指す過程は恐らく暗く苦しい道のり。今がそうであるように。
(僕の場合、立ち止まっているだけなのかもしれないけれど)
今ここに居て何らかの痛みを抱えている、その状況が嫌だ。
僕はもう辛いのも痛いのも嫌だ。何も感じたくない。
でも死ぬ事はできない。約束したし、第一自分では殺しきれないだろう。
幸せを目指して生きるのも、今死んでしまうのも、どちらも辛いはずだ。
なら、生きている方が良いじゃないか。幸せになれる可能性があるし・・・
と思いそうになる。思いたいのだが、そう簡単にはいかない。

僕とその幸せは、他人やその幸せを阻害するモノであってはならない。
僕が生きていく中で、その振る舞いが誰かを傷つけてしまうとしたら。
僕の願いや幸せが、相手の何かを損なわせてしまうモノであれば。
それが大切な相手だったら。また、僕の存在自体が負担になるとしたら。
いや、どうしても傷つける事になってしまう。生きていれば必ず
他人と関わる事になるし、そうなる事態を避けられる気がしない。
また、僕は非常に不完全で脆い人間だから、自分から相手を
傷つけてしまう事が何度もあると思う。これまでがそうだったように。
とにかく、怖いのだ。
他人と関わる事も、それで相手を傷つけたり傷つけられたりする事も。
待て、全部仮定の話だ。もしかしたらそんな事にはならないかもしれない。
僕がまともな人間になれたら、誰も傷つけずに済むかもしれない。
そう考えた時にも、目の前に大きな壁が立ちふさがる。
まともな人間って何だ?完全になるにはどうすれば良い?
理想像も、実現の方法もわからない。ただ恐ろしく難しくて、
これまた大変な道のりだ、という事実だけが僕に示される。

一つ壁を越えたら、そこにはまた新しい壁が。
人生ってそういうモノなんだろう。よく言われる事だけど。
(たかだか二十数年しか生きていない僕が人生論を語るなんて
ちゃんちゃらおかしいのだけれど、一般論としてそうだと思う)
ほとんどの人はそれを受け入れて、辛くても努力して、今を生きている。
それが当たり前だから・・・というより、そうしないと生きていけないから。
あなたも、あなたも、あなたも、あなたも、僕のように
無駄な混沌を抱えこまずに生きている・・・と思う。多分。
僕のやっている事は、何もせずただ目の前の壁を眺めているだけ。
つまり何もやっていないのだ。何もできないのだ。
もう何もしたくないのだ。
わがままだってわかってる。わかっているけどもう嫌なんだ。疲れる。
それでも朝になれば目が覚める。一日が始まる。
僕は生き続ける。そうするしか無い。選択肢は無い。


こういう思考は十代の時に終わらせておくべきだったといつも後悔する。
それでも考えずにはいられない。放り出したくてもできない。
僕はいつまでこうして生きていかなければならないのか?
カセットテープは繰り返し再生させた所為で擦り切れているみたい。
終わり。