金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

腎臓結石との戦い3 ESWL体験記

7月と比べたらだいぶ慣れてきたとはいえ、まだまだ暑いですねぇ。
よく朝起床した時に暑さで頭が痛かったり、若干苦しい事が多いです。
これがひどくなると熱中症になって死ぬんだろうかなんて思いつつ、
冷房が無いので扇風機で耐えている日々です。あと一ヶ月の辛抱かな。
以前は冷たい飲み物を欲していたのだけど、今年はホットコーヒーを
飲むようにしたらわりと耐えられるようになった気がする。暑いけど。

前回から更新された好きな作品は「覇記」、「屈託のない人に用はない」、
アイドル目指す伝説!新宮つかさ」、「みつまめ」(最近更新が
無いな・・・)など。あとリプル先生の新作の「石川へ行こう!」に期待大です。

投稿した絵はγ‐γ先生のお誕生日に「バクバクバク」のFAを1枚
水着FA祭り2017に投稿したもの。ご参加ありがとうございました!)、
不死鳥先生のお誕生日に「破壊と再生。」のFAを1枚。あとは描き溜め中。
漫画は「自キャラ性別反転アンソロジー企画」に読み切りを1本投稿。
現在は読み切り百合漫画の作業中。9月中の投稿を目指して描き描き。

作業中の漫画の一コマ
作業中の漫画の一コマ

 

さて、今回も6月に患った腎臓結石の話を書きます。過去の記事はこちら。
激痛の初日編https://rm307.hatenadiary.jp/entry/20170627/1498575302
いざ病院へ編https://rm307.hatenadiary.jp/entry/20170719/1500471491
前回は紹介状をもらってESWL(体外衝撃波結石破砕術)を行っている
病院へ行き、診察を受けていざESWLへ・・・というところまで書きました。

術前に、手術着に着替えて看護師さんに痛み止めの座薬を入れられた。
他人に座薬を入れられるのは恥ずかしかったな・・・。羞恥に耐えました。
そして点滴をする事になったのだけど、両腕とも血管がぜんぜん出ない。
僕は昔から血管が出にくく、手首の近くに針を入れられる事もあった。
今回も2回失敗され、手首に近い痛いところに針を入れる事になりました。
その後準備ができるまでしばらく放置され、ESWL処置室に案内された。

ここでESWLについて簡単に説明すると、身体の外から衝撃波を当てて
体内の石を破壊するというもの。事前にネットで体験談を調べたところ、
「負担が少ない」、「ほとんど痛みは無かった」などと書いてあって、
痛み止めも使用している事もあり少し楽な気持ちで臨んだのだけど
(1時間かかる術中は暇だろうと思って読む本だって持参していた)、
個人差があるようで、それはすぐに打ち消されてしまう事になる・・・。

手術台に寝て人差し指に心拍数を計るクリップのようなものを挟み、
手術着をはだけて左腰と肌に当たる機械部分にゼリー状の何かを塗る。
そして看護師さんから「痛かったら手を挙げてください」と言われた。
僕は「痛いと思っても石を破砕しないといけないんだし、途中でやめたり
威力を弱めたりする訳にはいかないよな」と思って手を挙げるつもりは
無かった。そこまで痛くないだろうとたかをくくっていた事もある。
そして看護師さんとお医者さんが隣の部屋に移り、いよいよ始まった。

バチッ、バチッという大きな音がして、ピンポイントに鞭でしばかれる
(しばかれた事は無いが)ような痛みがくる。だいたい1秒に1回ぐらい。
最初は少し痛いな程度だったけど、だんだんと痛みが強くなってきた。
そして内臓を直接揺らされるような(衝撃波が当たるんだから当然か)
感覚も強くなってきて、次第に気持ち悪さと吐き気がひどくなった。
(何に近いかと考えたら、たぶん男性の股間に物がぶつかった時の
あの独特な気持ち悪さに近いと思った。あれも内臓みたいなものだし)
ええっ、めちゃくちゃキツいんだけど・・・。手術室に時計が無く、
正確な時間はわからなかったけど、たぶん開始15分ぐらいでそうなった。
体験談の人、どうなっているんだよ・・・!と恨めしく思いながら、
ひたすら耐える。何度か看護師さんが「大丈夫ですか?」と訊きにきて、
「ちょっと痛いですね」とか「吐き気がしますね」などと明るく答える。
しかし内心泣きたい気分だった。これがあと何分続くんだよ・・・!と。
術中に本を読むどころか、他の事を考えて気を紛らわせる余裕も無い。
こんなに痛いとは・・・。初日に痛くてのたうち回った時も思ったけど、
こんな痛みを感じる前にさっさと死んでおくべきだった・・・と後悔した。
この日々を乗り越えたって明るい未来なんて待っていないんだもの。
生きていたって仕方が無いんだよもともと・・・そんな事を考えていた。
僕よりずっと苦しい痛みと闘っている人はたくさん居るんだけどね。
(本当に痛みに弱くて笑っちゃうのだけど、まったく余裕が無かったのだ)
あともう一つ不安だったのが、機械の調子が悪く、振動で台座から何度も
動いてしまっていた。お医者さんが何度も当たる位置を修正していた。
ちゃんと石に衝撃波が当たっているのかな・・・無駄打ちばかりだったら
どうしよう・・・なんて心配しながら耐える事1時間。ようやく終わった。
悪夢のような1時間だった・・・。開腹手術の方がマシだったのでは・・・。

その後は点滴室で30分ほど休み帰宅。また翌週来院し、レントゲンを
撮って2回目の破砕術を行うか決めるとの事。もうしたくないよ・・・。
そしてESWLの費用は7万円だった。2回目以降はかからないとはいえ、
痛い出費だ・・・。長くなったので、術後の身体の状態については
また次回以降に書きたいと思います。退屈な内容で申し訳ありませんが。
あ、今は結石の痛みはまったくありませんのでご心配無く!終わり。

Web拍手