金魚ちゃんをインストール

憂鬱系青羊のエッセイ的なブログ

週一ブログ→https://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなどはこちらからどうぞ!→Web拍手

昔ポルノグラフィティが好きだった話・好きだった楽曲

すっかり暖かくなりましたね。花粉症の方は今年は特に大変だったみたいですが、
もう大丈夫でしょうか?早く毎日健やかに過ごせますようお祈りしております。
新型コロナウイルス、4都府県にまた緊急事態宣言が出てしまいましたね・・・。
好きな作者さんや[1]さんがお住まいなので心配です。みなさまお気をつけて。
本当にいつ終息するかわからず不安だけど、どうかご無事でありますようにと
いつもお祈りしております。好きな人々が幸せじゃないと僕も幸せじゃないので。
一年間試行錯誤して頑張ってノウハウを培い、クラスターも出さなかったのに、
無観客を強いられる事になった関係者、またファンの方々も不憫だなぁ・・・。

前回以降で更新された好きな作品は「イコノクラスム」、「アンティーク」、
岬ちゃんは憂鬱」、「ワールドヘンドへようこそ」、「ボクハココニイル」、
あぽろ大作戦」、「人生にセーブロード機能」、「だいずしろっぷ」など。
新連載の「百鬼雷光」や異業種先生の読み切り「失言カタルシス」も良かった。

描いたものはきぼんFAを3枚とヒトセロ」のFA、いただいたFAの返信絵を5枚。
たくさんFAをいただけてとても嬉しかったです。ありがとうございました!!!
あとはTwitterに投稿予定の絵を1枚、5月中旬に投稿する予定のFAも1枚描いた。
投稿したものは「百合少女交響曲♪」10話を9ページ、新都社16周年記念企画の
初期の1ページをリメイクする企画」と「遠ざかる世界」のリメイクを1ページ、
そうだ、FAを描こう」でエイプリルフール企画として偽グッズサイトページ
お読みくださった方々、ご感想をくださった方々、ありがとうございました!!!
きぼんFA祭りや「初期1企画」にご参加くださった方もありがとうございました!

投稿した「百合少女交響曲♪」10話の一コマ

投稿した「百合少女交響曲♪」10話の一コマ


去年Twitterでも一度ツイートしたけど、僕は昔ポルノグラフィティが好きでした。
好きなものについて語る事が多かった僕だけど、それまで公言した事は無かった。
というのも、2011年に元友人の七靴君に話したらあからさまに馬鹿にされたから。
それに2005年から聴かなくなってしまったので、わざわざ語る事でも無かったし。

そう、よく考えれば、僕が好きだったのは2003年秋から2005年夏までだった。
なのでファンだったのはたった二年間、たった六年分の楽曲しか知らない訳だ。
しかし相当濃い二年で、まぁ君ならそうなるよねと思われるかもしれないけど、
二年間ほぼ毎日、飽きずに延々と聴いていた。昔から本当に狭く深くだったなw
そのおかげで、当時学校のクラスでも流行っていてファンも多かったけど、
イントロクイズでは僕が一番強かったな。2秒あれば全曲名を答えられた。

流行していたキッカケは、もしかしたら僕と同世代には多いかもしれないけど、
アニメ「鋼の錬金術師」のオープニング曲を歌っていたからだと思う。僕もこの
メリッサ」がキッカケで気になる存在になった。でも最初に好きになった楽曲は
愛が呼ぶほうへ」。歌番組で聴いて好きになり、カップリング曲も良かったので
すぐに好きなアーティストになり、それから1stアルバムから順に聴き始めた。

でも最初に「ロマンチスト・エゴイスト」を聴いた時はめっちゃ後悔したなぁ。
一曲目「Jazz up」から歌詞が性的で、当時幼くて性的なものは恥ずかしいと
思っていた僕は「えっちなのはいけないと思います!」なんて抵抗があったのだ。
いやまぁ「ポルノ」という名前の時点でわかれよという話なんですけどね・・・w
ジレンマ」、「リビドー」など、1stは特にその要素が濃かったように思う。
けれど「ラビュー・ラビュー」、「デッサン#1」、「憂色~Love is you~」、
マシンガントーク」など他の楽曲を好きになってから、だんだん慣れていった。
その後は大好きな楽曲になりました。アルバムとしては1stが一番好きだったな。

だいぶ忘れたけど、今までで一番熱中したアーティストだったのは間違いない。
とても好きだったけど、2004年に作曲を担当されていたベースのTamaさんが
脱退され、二人体制になってからの楽曲にいまいち面白みを感じなくなった事で
(「Sheep ~song of teenage love soldier~」とかは結構好きでしたが)
だんだんと聴かなくなっていった。2005年秋以降の楽曲はまったく追っていない。
(それ以降も名曲はあっただろうし、否定はしていません。あくまで当時の感想)
もちろん他のメンバーや本間昭光さんが作られた楽曲も好きだったんだけどね。
特別Tamaさんの作った楽曲ばかりを信奉していたという訳でも無かったし。
でも好きなものが欠けたもやもやも振り払えず、楽しめなくなってしまったのだ。
何となくけちがついたように感じ、離れていっちゃう事って誰にでもあると思う。

それからは数年に一度引っ張り出して聴いてみる事はあったけど、当時のような
ココロの震えは無く、もう僕の中には気持ちが残っていないのだなと再確認した。
子どもの頃の記憶は大したもので、何年も歌詞を覚えている楽曲も多かった為、
周りが知っている楽曲をカラオケで歌ったりはしていたけど。でもそれぐらい。
他のアーティストを好きになった事もあり、もう十年以上聴いていなかった。

しかし去年くろすけ先生が「新都社経歴アンソロジー2020」の好きな音楽の項目で
ポルノを挙げていて、僕も好きだったのでブログに書くかと思い、久しぶりに当時
聴いていた楽曲を聴き返したけど面白かった。記憶よりも歌声が若かったり、
音程が高かったり、逆に次に鳴る楽器の音をほぼ正確に記憶していたりなど。
わりと楽しかったな。だけどやっぱり、これからまた聴こう!とは思えなかった。
何かが駄目な訳じゃない。ただ、それはもう僕の中から過ぎ去ってしまったのだ。

人の気持ちは変わる。好きだったものでも興味を無くしてしまう事がある。
ゲームをプレイしなくなった、野球も観なくなった、読書にも打ち込んでいない。
あんなに大好きだったのに、どうして気持ちを無くしてしまうんだろうね。
過去にたくさんの時間と好意を一心に捧げていたかつての自分を思うと、
今の自分はずいぶんひどいやつのように感じられる。まぁ事実なんだけど。
他人からの好意が失われてしまう事も多い。悲しいけどどうする事もできない。
そうして新陳代謝をして生きていくのが人か。それを受け入れられるかどうかは
また別の問題で、実際にじくじくと血を流し続ける事が多いのだけど・・・。

以前も書いたけど、同じように新都社や好きな作品や創作さえも、僕はいつか
興味を失って離れていくのでは無いか、という不安がある。十分あり得る話だ。
人生でここまで長く好きで続けられたものは無いから、そんな未来がくるのは
あまり想像できないけど、もし現実になったらとても虚しいだろうな・・・。
執着だけでしがみついている訳では無く、無理に好きでい続けるのも不健全だし、
できるだけフラットでいたいとは思うけど、そうなりたくはないなぁ・・・。

最後に当時好きだった楽曲を挙げます。ほぼ発表順。★は特に好きだったもの。

・アルバム曲
★Jazz up
憂色~Love is you~
マシンガントーク
デッサン#1
ラビュー・ラビュー
リビドー
INNERVISIONS
オレ、天使
空想科学少年
ラスト オブ ヒーロー
ハート
★Aokage
★n.t.
ニセ彼女
ビタースイート
CLUB UNDERWORLD
ヴィンテージ
素晴らしき人生かな?
★カルマの坂
まほろば○△
We Love Us

・シングル曲
ジレンマ
サボテン

★ワールド☆サタデーグラフティ
★蝙蝠
★メリッサ
見えない世界
★月飼い
愛が呼ぶほうへ
★Hard Days, Holy Night
★Sheep ~song of teenage love soldier~

当時自分で選曲したベスト盤CDを焼いたりしました。凝り性ですねw終わり。

Web拍手

地震から十年 地震と新型コロナウイルスと元の日常

先月はWeb拍手コメントをありがとうございました!新ブログで返信しました!

2月下旬から底冷えする夜が遠のき、特に日中は春を感じさせる陽気が増えた。
去年もそうだったけど、今年の3月も僕の地域ではもう暖房は要らなそうだな。
寒くない訳じゃないけど、だいたい足に毛布を巻きつけるだけで過ごせるのだ。
まだまだ寒いところも多いと思うので、お身体にお気をつけてお過ごしください。

今年もインフルエンザに罹らなくて良かったな。これだけ感染者数が少ないと、
予防接種を打ったのは無駄だったかもしれないな。今年は打たなくて良いかも?
まぁ打ったおかげで罹らなかったのかもしれないけど・・・判断が難しいところ。

体調は良いけど、こないだ吐き気を催した日がありました。もしかしたら前日に、
賞味期限が去年の12月だった冷凍食品のからあげを食べたからかもしれない。
あと5個あるんだけど、やっぱり食べちゃ駄目かな・・・もったいないのだけど。


前回以降で更新された好きな作品は「イコノクラスム」、「だいずしろっぷ」、
あぽろ大作戦」、「僕と先輩の代理魔女戦争」。「おふとん日記」も見ている。
描いたものは「百合少女交響曲♪」10話9ページ、新都社16周年企画用の漫画を
1ページ。いずれも13日に投稿するので、ごらんいただけるととても嬉しいです。
あと、新ブログで毎週宣伝しても一人も読んでくださる人、あるいは応援して
くださる人が現れなかった「聖書」もごらんいただけると嬉しいです・・・。

小説「聖書」の挿絵

今は3月用のFAを描いていて、それも終わったらきぼんFA祭りのFAの続きをする。
きぼん14周年FA祭り、4月5日に開催しますのでご参加いただけると嬉しいです!


今日で東日本大震災から十年。この日を境に更新が途絶えた国元兵太先生の事を
思い出す為に――まぁきっと忘れないけど――毎年このブログを更新している。
もう十年も経ったのだな・・・。「2011」と書くと、ついこないだの事のように
思えるけど、もうはるか遠い昔だ。当時の記憶や感情もかなり薄れつつある。
しかし去年は、その時の感覚が久しぶりに呼び起こされたような出来事があった。
それが依然猛威を振るっている、一年で世界を大きく変えた新型コロナウイルス


起床時には検温を、外出時にはマスクを、入室時には消毒を。人には触れない、
近づきすぎない、なるべく会わない。レジとの間には薄い膜を隔てて・・・など、
今はもう慣れてしまったけど、これまででは想像していなかった習慣が広まった。
そして何より、毎日増え続ける感染者数、延期や中止を余儀なくされるイベント、
売上の落ちる観光業や飲食業、それによって倒産せざるを得なくなった企業など、
日々積み重なる終わりの見えない悲しいニュースに、初めは気が重くなっていた。
2011年の3月も、一気に非日常に突き落とされ、ネットニュースもTwitterも震災の
情報一色で、昨日まではあんなに明るく笑っていたのに、もうのんきに楽しんでは
いけないように感じられて、静まり返った世界が寂しかった事をよく覚えている。


震災直後は、いつ「普通」に戻るのか、もうあの楽しかった日常は戻ってこない
のでは無いだろうかとせつなかった。また、失われたかもしれない大切な人々、
失われるかもしれない大切な人々の事を考え、不安に押しつぶされそうだった。
実際は新しい日常として慣れていくのだけど、受け入れられるようになるまでの
時間はとても長く感じられた。本当に出口の見えないトンネルのようだったな。
もう二度と経験したくないと思っていたけど、九年後の去年、再び直面した。
今度はその周辺地域に住んでいる人だけに限られた局所的な自然災害では無く、
世界中どこに居ても罹る可能性のある、多くの死をもたらす未知の病原体として。


前述の通り、それでもこれを日常として受け入れ、今は慣れてきた部分が多い。
でも現在もたくさんの新規感染者が増えていて、終息にはまだ時間がかかりそう。
もし大切な人々が罹ったらと思うと気が気じゃない。今は毎日、それが何の意味も
成さないとは思うけど、みなさんがずっと無事でありますようにと祈っている。
一人でも欠けたら、こうして十年間毎年ブログを更新するぐらい引きずります。
そんな事をされたくない方が多いと思うので、みなさんお元気で居てください。


2月13日にも福島県沖で大きな地震が起きた。もっと大規模な地震の前兆ではと
噂されていて、フォロワーさんも不安を感じていたり僕も心配になって夜上手く
寝つけなくなったりしていたけど、幸い今のところは大きな揺れは起きていない。
でも、いつかはやってくるのかもしれない。自然災害を防ぐ事はできないけど、
たとえばプレートのエネルギーが少しずつ小規模な地震というかたちで発散される
などして、大きな被害にならないで欲しい・・・それって難しいのかなぁ・・・。
どうかみなさんが無事でありますように・・・これからも祈り続けます。終わり。

Web拍手

猫日記8 よく鳴く♂と意思疎通する♀

Web拍手コメントをありがとうございました!!!返信は後日新ブログで!

ここ最近は雪が降るくらい冷える日もあれば、春のように暖かい日もありました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。
新型コロナウイルスの感染者は一時期よりも減ったけど、まだ数百人と多い。
17日に海外でも減少に転じたとのニュースがあり、ワクチンの摂取も始まって、
もちろんまだまだ予断は許さない状況なのだけど、少しずつ前進している・・・
と良いな・・・。収束するのはまだ当分先みたいだけどね・・・でも、少しずつ。

前回以降で更新された好きな作品は「イコノクラスム」、「アンティーク」、
あぽろ大作戦」、「僕と先輩の代理魔女戦争」、「ユリコアメイト」など。
そして「だいずしろっぷ」が完結。現在作業中の番外編の更新も楽しみですね。
描いたものは、ラジオを聴いている時は今週末にTwitterに投稿する版権絵、
きぼん14周年FA祭りのFAを2枚とトップ絵、「百合少女交響曲♪」を3ページ、
それ以外の時間は「新都社百合企画2020」に投稿した小説「聖書」の作業。
ちなみに先月の記事で書いた「今月下旬に投稿する予定の絵」は挿絵の事でした。
それとお送りした年賀状の絵を流用してアンソロジー今年の抱負」にも投稿し、
Twitter絶クレ12周年記念FAも投稿、それと1月に投稿した「魚眠洞とナナミ」の
年賀FAの表情も修正し、コメントお礼絵に再設定。また「百合少女交響曲」の
登場人物紹介には、各キャラの一人称や他のキャラを呼ぶ時の三人称と、デザイン
設定のまとめも作った。二次創作する時に参考になるというツイートを見たので。
あとこれも先月、2月下旬にアンソロジーに投稿するか迷っていると書いたけど、
結局描くのはやめた。もう僕の創作物には興味を持たれていないと思ったので。

今日で週刊少年VIPが16周年ですね。おめでとうございます!もう高校生か!w
毎年2月22日の猫の日に投稿している猫についての記事、以前も書きましたが、
2014年につばき先生に「またブログに猫の話を書いてね」と言われたのが嬉しく、
さすがにもう読まれていないだろうとは思いつつ、結局今でも毎年書いています。
過去の記事も良ければごらんください。おすすめは我が家の猫日記124です。


室内で飼っているオス猫は今年で10歳になる。もう立派なおじいちゃんだなぁ。
しかし相変わらず甘えっ子で、頻繁に僕の机にやってきたり、台所やトイレまで
ついていったりしてはにゃーにゃー鳴いている。ひざの上に乗りたいのかと思って
「登っておいで」と言うのだけど、なぜかいつも離れたところで鳴いているだけ。
夜寝る時も鳴き、ふとんの中に入りたいのかと思いかけふとんを上げて呼ぶけど、
僕の枕元をうろうろしているだけ。いずれも僕がだっこしてひざの上に乗せたり、
ふとんの中に入れたりすると落ち着いて寝るので、合ってはいると思うのだよな。
寂しいと声を上げるけどいざとなったら遠慮するのだとしたら、僕に似ているなw

台所までついていった時は、僕が立って作業している脚に強い力ですりすりと
頭をこすりつけながら鳴いている。作業が終わり、僕が「おいで」と声をかけて
彼より先に歩き出すと、彼は嬉しそうにとてとてと速歩きして僕の先回りをして、
椅子に座った僕にだっこされて満足そうにごろごろ言うのであった。可愛い。

そんなオス猫は、数年前から僕が夜にスロトレを始める時間帯になると必ず
にゃんにゃん鳴きながらやってきて、僕にだっこされたいとねだるようになった。
最近は特にえいっやるぞっと気合を入れないと行う気力が出なくなっているので、
一度だっこしてしまうと、できなくても良いか・・・とついついなまけてしまう。
なぜいつもタイミングがわかって邪魔(?)しにくるのだろう・・・?ふしぎだ。

あと以前も書いたけど、彼は母がお風呂に入る時にいっしょについていくのが
好きで、母が身体を洗ったり湯船に浸かったりしているのをただ見ているらしい。
そして母といっしょにお風呂から出てくると、僕の机までやってきて大きな声で
にゃんにゃん鳴く。いったい何を報告しているのだろう?こちらもふしぎだ。

オス猫はよく鳴くけど、意思疎通しようというよりただ訴えたいという感じ。
鳴いている時に僕が声をかけても、変わらず大きな声で鳴き続けたりしている。
反対に半分野良のメス猫(13歳)は家ではあまり鳴かない。でも外に出たい時は
人の近くまでやってきて鳴くし、こちらの反応を意味ありげに伺う様子もある。
「自分は人間と意思疎通できている」と思っているふしがある気がするのだよな。

そういえば以前、さばの切り身を買ってきた日に、何となく彼女に「明日はお魚が
あるから食べにおいでね」と言った。その時彼女は振り向きもしなかったけど、
翌日の夜に妙に甘えてきたので、もしかしてと思い「お魚食べたいの?」と言うと
軽やかな足取りで台所についてきた。オス猫と違い、僕の行き先についてくる事は
皆無だったので、僕の言葉がわかったのかな?すごい。そうだったら嬉しいな。

2匹とも年齢が二桁になり、撫でながらたまに「僕はこの子たちとあとどれぐらい
いっしょに居られるだろうか」と考える。猫の十数年の寿命はあまりにも短い。
昔飼っていた猫は老衰で亡くなったので、時間をかけて死と向き合う事ができた。
あまり考えたくはないけど、できるだけ長生きして欲しいけど、最期まで元気に
生きられますように、そして別れが少しでも先でありますようにと願う。終わり。

我が家の2匹の飼い猫

クールだけどたまに笑顔のメス(左)と甘えっ子だけどいつも無表情のオス(右)

Web拍手

新都社本スレの思い出3 参加したかった新都社感謝祭

このブログは新年一発目の更新ですね。あけましておめでとうございます。
寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。お身体にはお気をつけて。
今年は新型コロナウイルスの影響で年始に親戚が集まらなかったので、何だか
新年を迎えた感覚がありませんでした・・・。お年玉だけはあげたのだけど、
会っていっしょにおせちをつつきたかったなぁ・・・。来年はできますように。
現在も感染者は増えていて、またしても緊急事態宣言が出てしまったけど、
いつになったら収束するんだろうな・・・まだまだ先なのだろうか。しんどい。
先日理容店へ行ったのだけど、中学生の頃からお世話になっている理容師さんが
もし自分が感染したらどうしようと不安が強くて通院していると仰っていた。
特に田舎なので、感染して中傷されたらと思うと時々パニックに陥るらしい。
一昨年息子さんを亡くされて、このご時世で娘さんやお孫さんとも会えなくて、
気晴らしに外出もできなくて。つらいな・・・。早くお元気になって欲しい。

前回以降で更新された好きな作品は「ボクハココニイル」、「アンティーク」、
ワールドエンドへようこそ」、「日替わり定職」、「だいずしろっぷ」、
僕と先輩の代理魔女戦争」など。あとキムチ先生の新作「女隊長」に期待。
人生にセーブロード機能」は2015年以来の更新があってとても嬉しかった。
それと「あぽろ大作戦」を最新話まで追いついた。個性的で面白かったな。
描いたものは魚眠洞とナナミ」の年賀FA、「百合少女交響曲♪」のトップ絵、
お礼絵、今月下旬に投稿する予定の絵を1枚、2月下旬に投稿するFAを1枚など。
「百合少女交響曲♪」10話の脚本も書いたけど、またオチがぼんやりしている。
あと2月下旬に投稿するアンソロジー用のアイディアも浮かんだのだけど、
描くかかなり迷っている。今さら僕が描いても喜ばれないだろうなと思って。
以前ならまだしも、もう僕の創作物には興味無いだろうしな・・・どうしよう。


さて今回は本スレの思い出の続きを。3年目。八年前の今日新都社を去られた
おやゆび主任も大好きな場所だったので。ただ今年はちょっと番外編かも。
完全に記憶を頼りに書いているので、間違っている部分があったらすみません。
思い出1https://rm307.hatenadiary.jp/entry/20190119/1547823618
思い出2https://rm307.hatenadiary.jp/entry/20200119/1579445983

2009年6月、当時のneetsha.comがあったCORESERVERのs7サーバは、
お昼時になると異常な負荷がかかり、サイトに長時間つながらなかった。
新都社と同居している他のサイトに負荷がかかっているのではという話で、
サーバ会社に連絡を取っても、メンテナンスが入っても解決される事が無く、
住民たちは我慢を余儀なくされた。せっかく新人やアクセス数が増えてきて、
本スレも盛り上がるようになってきているのに、と水を差された思いだった。

そんな中で始まった、自キャラを正装させて集合させ、こんな時だからこそ
新都社への感謝の気持ちを表そうという集合絵祭り「第1回 新都社感謝祭」。
スレでの呼びかけ後にすぐに会場の画像を作ってくださった方が現れて、
筆の速い作者さんが乗っかり、あれよあれよという間に参加者が増えていった。
どんどんにぎやかになっていく会場を見ているのは本当にわくわくしたなぁ。
開催期間がたった10日間しか無かったのに、100人を超える作者さんが参加され、
大いに盛り上がった。僕はその後の祭りの参加者もすべて数えていたのだけど、
過去、現在のすべての新都社の祭りの中で一番参加者が多かった祭りだった。

「第1回 新都社感謝祭」で完成した集合絵の縮小版

「第1回 新都社感謝祭」で完成した集合絵の縮小版

配置が絶妙で良いですよね。特にワンコがあいさつしているところが好き。
当時この画像の原寸大を分割してデスクトップの壁紙にして、一定時間ごとに
自動で変わるように設定していたなぁ。僕は見ていただけだけど楽しかった

でも、本当は僕もすごくすごく参加したかった。去年も書いたけど、普段から
本スレで好きな作者さんたちが楽しそうに保守絵祭りをされている様子を
羨ましく思っていたし、ただの読者だったけど、僕も新都社を四六時中見ていて
感謝の気持ちは負けなかった。好きな作者さんたちと祭りに参加したかった。
だけど僕は絵が描けなくて。有名FA作家の陸手がむ先生も参加されていたので、
僕も読者キャラで参加したいと思って描き始めたのだけど、会場のパースに
合わせた人物の立ち絵という条件は、絵が下手な僕には非常に難易度が高く、
おまけにマウス描きだったし、頑張ったけど結局ひどい絵にしかならなかった。
今もし下手な事を理由に参加をためらっている人が居たら、僕は「大事なのは
画力じゃないよ!気にせず参加しようよ!」と誘うけど、当時の他でもない
自分自身に対して前向きに思えるはずも無く。参加は諦めざるを得なかった。

大好きな場所で、大好きな人々が目の前で楽しそうに盛り上がっている。自分は
見ている事しかできない。楽しかったのも嘘じゃないけど、寂しさもあった。
小さなコミュニティだけど、僕にとってはとても好きで大きな世界だったから。
そこから頑張って絵を描けるようになろう!と思えたら良かったんだけど、
絵に苦手意識があったし、子どもの頃ならまだしも、ある程度年齢を重ねた
人間が今さら描き始めても描けるようになるはずが無いと強固に思っていた。
何を描いたら良いかもわからなかったし、想像力も無かった。作者さんたちの
ような発想で構図を考えられる気がしなかったし、創作への欲求も無かった。
漫画、絵描きの方々はもしかしたら上手く想像できないかもしれないけど。
また、前述のひどい出来だった感謝祭の絵のように、できない、劣った自分と
向き合い続けるのは怖かった。恥ずかしい絵も、自分も、見せたくなかった。

新都社感謝祭が終わっても、祭りの灯は(ついでに鯖落ちも)消える事無く、
またアンソロジーのブームもあり、新都社や本スレは盛り上がり続けていた。
僕は絵への気持ちを封印し、元のように一読者としてそれらを楽しんでいた。
変わらず作者さんたちが羨ましかったけど、それは考えても仕方の無い事だ、
僕には無理なんだからと、感謝祭以降に絵を描こうとはまったくしなかった。

そして翌2010年2月にAzPainter2の手ぶれ補正を知り、初めてFAを描く事に
なるのだけど、それについては「そうだ、FAを描こう」をごらんください。
この漫画では何となく絵を描き始めたような描写だったけど――まぁ実際に
無理だと思いつつ気楽にマウスを持っていたんだけど――、それまでの間には
こんな話があったのでした。ちなみに以前新ブログで書いた、参加したくても
できない人の事を考えるという話は、この時の思い出が端を発しています。

絵を描けるようになった事、つくづく恵まれているなぁと思います。終わり。
Web拍手

2020年まとめ 思い煩う孤独な戦い

11月はまだ暖かい日もあったけど、12月から一気に真冬になりましたね・・・。
去年は暖冬だったみたいなので、今年はいきなりめっちゃ寒くて驚きました。
みなさまお風邪など召されていませんでしょうか?くれぐれもお気をつけて。
新型コロナウイルスも未だ猛威を振るっているし、変異株まで現れている。
また緊急事態宣言が発令して欲しくない・・・どうか収束に向かって欲しい。
しかしこの一年で収束に向かうどころか、状況は悪化しているのだよな・・・。
早く世界が元通り・・・とはいかないかもしれないけど、平穏になりますように。
みなさまのご無事もお祈りしております。特に都市圏の作者さんたちが心配だ。
僕は好きな人々の事が大好きなので、どうかみなさんお元気でいてくださいね。

前回以降で更新された好きな作品は「イコノクラスム」、「ブロンドロイド」、
アンティーク」、「ワールドエンドへようこそ」、「ボクハココニイル」、
僕と先輩の代理魔女戦争」、「だいずしろっぷ」など。面白かったです。
あとぷげら企画のえ~と先生の漫画と新作の「ユリコアメイト」も良かった。
投稿したものはあうり先生のお誕生日祝いに暁の影」のFAサンタコスFA祭り
2020
ブロンドロイド」のFA返信絵、「遠ざかる世界」の番外編を7ページ。

投稿した「遠ざかる世界」の番外編の一コマ

投稿した「遠ざかる世界」の番外編の一コマ

お読みくださった方々、ご感想をくださった方々、ありがとうございました!
サンタコスFA祭り2020にご参加くださった方々もありがとうございました!
クリスマスは終わりましたが、31日まで開催しておりますのでもし良ければ!


さてこのブログでは毎年恒例、一年の振り返りをしたいと思いますが、今年も
創作活動に関しては新ブログの方で書きたいので、ここではそれ以外の話を。

今年更新された好きな作品は上記の作品の他に、久しぶりに更新された「覇記」、
ハイパボロボット」、「少女の恋愛感情」や、「ホーリーエンジェル」、
岬ちゃんは憂鬱」、「メカニカルミラクル」、「聖・マリア女学院」、
人生向上委員会 りすたーと!!」、「短編置き場」、「4コマ短編集」、
ゆるふわ脱獄計画」などが面白かった。新作では待望の十二位敏先生の
課長の電卓が限界」、ささか先生の「無人島で生き残りたない?」や、
柔道部のお姉ちゃんが好きすぎる件‼」、「【短編集】まんじゅう神様」、
つけどき!いすずちゃん」などが面白かった。ここに書いていないだけで
読んでいる作品ももちろんあります。あと、読みたいと思っていたけど
商業作品を読むのを優先したり何となく手を伸ばせなかったりする作品が
結構あるので、来年はもうちょっと読む作品を増やせたら良いなと思う。

完結作品では「秋の華」、「誠にご愁傷様です」などが面白かった。また、
秋の華」の相模先生の新作「コールドフロント」も続いて欲しいなぁ・・・。
高原あずさ先生も、気が向いて新作の漫画を描いてくださったら良いな・・・。
商業化した「エッチマン」のakinaka先生や、「かなしみはゆきのように」の
にしししししし先生、「そんなことより野球しようぜ」のタカオ先生の
生存確認ができたのも良かった。「かなしみは~」をまた読めて嬉しかった!

他にも「新都社百合企画2020」や「新都社ミスコンテスト2020」などの企画に
投稿された作品も楽しませていただきました。ありがとうございました!

今年一番楽しんだのはダントツで「イコノクラスム」。毎回とても面白かった!
あれだけTwitterやブログにも感想を書きたくなる作品ってなかなか無いよ!
そして出逢えて良かったのは「ワールドエンドへようこそ」。そしてきちんと
更新が続いており安定したまま完結に向かっている「ボクハココニイル」、
この3作品が僕の中の2020年ベスト新都社賞受賞です!来年も楽しみです!

次は現実的な話、体調面について。去年の4月末からがくっと体力が落ち、
慢性的に身体が疲れている状態が続いていた。毎日のスロトレさえもしんどい。
もう歳かな、子どもの頃のように不調を感じず元気に生活できる日々はもう
訪れないのかもしれない・・・と仕方が無いけど残念な気持ちになっていた。
しかし最近久しぶりにヘム鉄のサプリメントを毎晩摂取するようになったら、
疲労感はまだ残ってはいるものの、若干動きがマシになったような気もする。
睡眠の質も少し改善されたような。栄養が足りていなかったのかもしれない。
加齢と老化は止める事ができないし、これからも下降していく一方だとは
思うけど、こうしてスピードを緩められるなら、もう少し戦えるかな・・・。
でも正直、もう働きたくない・・・ずっと家で大人しくしていたいよ・・・。

あと、慢性的に手首や腰やおしりに痛みもあったりする。手首は毎日ペンを
動かしているから当然か。11年分の疲労が溜まってきているのだと思う。
以前ツイートした腕の痛みも年々強くなっている。普段は大丈夫なんだけど。
創作ができなくなるのは相当キツいので、手や腕だけは勘弁して欲しい・・・。
おしり、というか左ふとももの裏は、たまに唐突にズキズキと痛む。原因不明。
あちこち身体にガタがきています。僕は十代の頃から腰痛持ちだったので、
当時も当時でしんどかったけど、それでもまだ今より楽だったかもな・・・。
歳をとるのって嫌だなぁ。気持ちはまだ若いつもりでいるんだけど・・・。

僕が新都社を知った時はまだ十代だったけど、今は僕より若い人がかなり
増えたので、こういう老人みたいな話はつまらないかもしれませんねw
まぁいつかは全員が経験する事なので・・・。体調も痛みも、これ以上
ひどくなると創作活動にも響くので、何とか健康に過ごしたいものです。

去年の記事に書いた、僕にとってのその年の漢字一文字は「失」だった。
今年も悲しみを引きずる事があったけど、もうすでに失われてしまった為、
多少諦めがついたというか、去年ほど喪失感を覚える事は無かったかも。
人は変わってしまうし、楽しかった時間も戻ってくる事は決して無いのだ。
恋愛的なココロの動きも少なく、あまり感情に振り回されなくて楽だった。
「愛情なんてウェイトはとても正気じゃ乗せられねェ!ココロのブレーキ!」
(by不死鳥先生)(というか森博嗣作品からの引用らしい)ですよ・・・。

ただ、去年のどてっ腹に風穴を開けられたような痛みもつらかったけど、
今年の嬲られる痛みも同じくらい苦しかった。2017年以降は毎年嫌な事が
続いているけど、手を変え品を変えいろんなバリエーションがあるものだ。
そんなサービス精神は要らないんだけど・・・平和に幸せに生きたいよ。
新型コロナウイルスから始まって、ほぼ一年中悩みが尽きなかったなぁ。
親しい誰かに相談したかったけど、返信の手を煩わせるのも申し訳無くて。
煩わされ、思い煩い、煩わせ。なので僕の今年の漢字は「煩」かもなぁ。
「戦」でも良いかもしれないけど。誰とも共有できない孤独な戦いだった。

以前年末に詳しく書くと言ったけど、やっぱりできそうにありませんでした。
誰かに気兼ねなく話せるようになれたら良いなぁ。独りで抱えるのは、ね。
Twitterやブログで交流する事はあっても、近い距離に居る事はあまり無い、
わりと孤独に生きているので、友人や味方を増やせたら良いんだけど・・・。

あと去年の記事の最後で、Twitterのフォローについての話を少し書いたけど、
交流のあったある作者さんとの縁が切れてしまった。申し訳無いです・・・。
でも去年も書いた通り理由があって、嫌いになった訳ではございませんので。


それでは、今年も拙ブログにお付き合いくださりありがとうございました!
いつもお読みいただけて本当に感謝しております!良いお年を!終わり。
Web拍手

好きなネットラジオと現在に至る流れ

10月、もう冬かと思うくらい寒い日があったけど、そこから持ち直して今月は
わりと暖かかったように思う。夜はやっぱり冷えるけどね。まぁ仕方が無い。
新型コロナウイルスは小康状態になり、各種イベント等も緩和されつつ・・・
あったのだけど、入国規制緩和の影響で第3波が到来してしまったようで・・・。
東京だけじゃなく北海道や大阪などでもたくさんの感染者が出ている。心配だ。
みなさまどうかくれぐれもお気をつけて。気をつけてもどうにもならないけど。

あと、月曜日に首を寝違えて今も痛いです。いつもだったら整骨院へ行くところ
だけど、描かないといけないFAやこのブログ、読書があったので時間が無かった。
それとインフルエンザの予防接種も打ちました。今までで一番痛かった・・・。

前回以降で更新された好きな作品は「イコノクラスム」、「ボクハココニイル」、
だいずしろっぷ」。あと「ワールドエンドへようこそ」のネットプリント企画
第2弾が行われて印刷して、「アンティーク」のコメントお礼絵も楽しみました。
投稿したのは「ハイパボロボット」のかぼパンFAおもちゃとお茶を」のFA
ymils先生のお誕生日祝いFA、そして新都社のとあるアンソロジーに参加して、
あとは「百合少女交響曲♪」9話を8ページ描いて更新した。すべて予定通り!
お読みくださった方々、ご感想をくださった方々、ありがとうございました!

投稿した「百合少女交響曲♪」9話の一コマ

投稿した「百合少女交響曲♪」9話の一コマ



みなさん作業中には何を流していますか?僕はもっぱらネットラジオです。
主に文化放送の超A&G+や音泉、響、ニコニコ生放送で配信されているラジオ。
まぁ僕のツイートを見ている方は、毎日の感想ツイートでご存知だろうけど。
2010年はアニソンや新都社で行われたねとらじや動画配信、2011年からは
アニメを流す事が多かったけど、下半期からは動画に集中しなくても良い
声優のネットラジオ、いわゆるアニラジを流しながら作業する事が増えました。
好きなわりに今まで語った事が無かったような気がするので、今回はその話を。
(今回は新都社ねとらじ以外の、プロが行うインターネット・ラジオだけ)

パーソナリティの鷲崎健さんが先日「テレビは自分の意志のように思い込む」と
仰っていたけど、ラジオはテレビよりは自分の意志を出せる場のような気がする。
もちろんすべてが素では無く、当然「ラジオ用の人格」も出しているのだけど、
僕はTVショーよりもラジオに親しみを持てるなぁ。視聴者との距離も近いし。
自分とは別世界に住んでいるようなパーソナリティさんが、明確に我々リスナー、
ファンの方を向いてしゃべったり話を聞いたりしてくれるのはとても嬉しいよね。
作者と読者の距離が近く、ダイレクトに感想をやりとりできたり作品に参加
できたりする新都社が好きなように、リスナー、ファンといっしょに作っていく
ラジオという媒体は魅力的だと思う。ラジオに惹かれたのも必然だったのかも。

僕はTwitterで同じ趣味の人をフォローしていく事が無いので、今のところ
身近では僕しか聴いていないし、感想ツイートも誰も読んでいないと思う。
誰とも共有できていない。いっしょに好きな番組の話をしたいんだけどね。
なのでみなさんも良ければ聴いてみてください。おすすめは面白い女性ふたりの
楽しい雑談で笑える「洲崎西」、構成作家とお笑い芸人の面白いフリートーク
極まったコーナーが楽しめる「伊福部・向のラジオ☆スターダストボーイズ」、
愉快な大喜利がたっぷりの「大喜利四賢者の『オレたちしんけんじゃ!』」。
洲崎西」はアーカイブでいつでも、他2番組もタイムシフト予約をしていれば
1週間いつでも聴けますので。身近に話せる人が増えたら嬉しいなぁ・・・。

ネットラジオを初めて聴いたのは2008年、大好きな「幻想水滸伝」シリーズの
ラジオ幻想水滸伝 集まれ!108星!」が最初だった。鈴村健一さんなどが
パーソナリティをされていた記憶がある。内容は完全に忘れてしまったけど、
ゲームのセリフに声がついたドラマパートは新鮮な驚きがあったし、そもそも
大好きな作品の話をしている人が居る!というのが当時とても嬉しかったなぁ。
それまでは作品は受け取るだけ、稀に同じファンの友人と共有するだけのもの
だったけど、ラジオでは作品の話を聴け、日本中に居るたくさんのファンの
存在を感じられた。一人で黙々と楽しんでいた世界が広がったように感じた。
好きな作品にフィーチャーした番組は、テレビではなかなか無かったからね。
そこから好きな作品の番組など、ラジオを聴く流れが生まれたように思う。

僕のラジオの流れは、「日常」の「日常のラヂオ」を聴き、ここで名前が出た
金田朋子さんに興味を持ち、「金田朋子保村真のエアラジオ」を聴き始めて、
井口さんが面白いと評判だった「井口裕香のむ~~~ん ⊂( ^ω^)⊃」を
2012年半ばから聴き始めた。その後は2013年秋から「てさぐれ!ラジオもの」を
聴いていて、番組が終了し西明日香さんの笑い声を聴けなくなったのが寂しくて
洲崎西」を聴き始めて熱中した(詳細は以前新ブログに書いたので割愛)。
そしてこの番組のパーソナリティの洲崎綾さんがゲスト出演された「鷲崎健の2h
を聴き、そこから鷲崎さんのラジオを聴くようになり同じく大ファンになった。
ちなみに面白かった「てさぐれ!部活もの」等のアドリブアニメの流れから
みならいディーバ」を観て、そこで面白かった村川梨衣さんに興味を持って
村川梨衣の a りえしょんぷり〜ず♡」を聴いた派生した流れもあります。

聴いていた番組は他にもたくさんあるけど、メインストリームはこんな感じです。
こうして挙げてみると現在までつながっている流れがしっかりあるのが面白い。
このあたりもテレビとは違うような気がするのだけど、実際はどうなんだろうな。

今聴いているのは約20番組。以下は放送曜日で、アーカイブがある番組は
後日聴く事も多いので、放送日当日に聴いている訳では無かったりします。

【日曜日】
洲崎綾のバババババーチャル
ワシザキスタイル*ヨシオカモード

【月曜日】
伊福部・向のラジオ☆スターダストボーイズ
井口裕香のむ~~~ん ⊂( ^ω^)⊃
鷲崎健千葉翔也 今んとこやや好き
にししのらじじ~西明日香のだいじなところ♡~

【火曜日】
鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(月曜日)
洲崎西
洲崎綾の7.6

【水曜日】
鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(火曜日)
大喜利四賢者の『オレたちしんけんじゃ!』

【木曜日】
鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(水曜日)
鷲崎健藤田茜のグレパラジオ
天津向のためになるらじお

【金曜日】
鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(木曜日)
思春期が終わりません!!
洲崎綾の「手づくるラジオ」

ほとんどがPOARO周りと洲崎西界隈で構成されていますwラジオが好きというか
POARO洲崎西のおふたりが好きなのだな。ちなみに「鷲崎健のヨナヨナ」内の
箱番「Pyxisの夜空の下de Meeting」は申し訳無いけどほとんど聴いていません。
伊藤美来さんのお声は好きなので、一応何となく耳に入れている程度なんだけど。
あとは「井上麻里奈下田麻美のIT革命!」を気が向いた時にアーカイブ
聴いたり、「洲崎西」の過去の放送を週に2回分ずつ聴き返したりしています。
先日までは「西明日香のデリケートゾーン!」も週に2~3回分ずつ聴き返して
いたのだけど、現在有料コンテンツになってしまったのでもう聴けないかも。
気が向いたら課金しようと思うけど、これで人に勧めづらくなってしまったな。
ネットラジオでは無いけど、村上春樹さんの「村上RADIO」も聴いています。
それと「俺たちを好きなのはリスナーだけかよ」の最終回はまだですか・・・!


以下は過去に放送されていた好きだったラジオ。抜けも結構あるかもしれない。

ポアロのあと何分あるの?
鷲崎健の2h
鷲崎健のTHE CATCH
ジェンガでナイト!
オムニボット ナイト!
西明日香のデリケートゾーン!
村川梨衣の a りえしょんぷり〜ず♡
金田朋子保村真のエアラジオ
金田朋子野島裕史の同い年、はじめました。
矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか
戸松遥のココロ☆ハルカス
てさぐれ!ラジオもの
日常のラヂオ
バトルガール ハイスクール なでラジ
シドニアの騎士~綾と綾音の秘密の光合成
ラジオ 腐男子高校生活「腐人類みな兄弟!!」
ヤマノススメ ラジオノススメ
戦姫絶笑シンフォギアRADIO
ジョジョの奇妙な冒険 JOJO raDIO
ジョジョの奇妙な冒険  スターダストクルセイダース オラオラジオ!
ジョジョの奇妙な冒険 杜王町RADIO
ラジオのRINNE…みたいな?
みなみけのみなきけ ただいま
RADIOアニメロミックス ラブライブ!~のぞえりRadio Garden~

特に「ポアロのあと何分あるの?」は最高のラジオだった。POAROのおふたりの
トークもメール職人もコーナーもとても面白く、一番復活して欲しいラジオ。
西明日香のデリケートゾーン!」もスタッフさんとの距離感がちょうど良い、
コーナーも面白い良いラジオだった。「村川梨衣の a りえしょんぷり〜ず♡」も
村川さんの動きや言動が楽しかったなぁ。村川さんの動画番組をまた観たい。


以上、長くなったのでとりあえずここまで。ラジオ仲間が増えたら良いなぁと
思うけど、そもそもこの記事はほとんど誰にも読まれないか・・・w終わり。 Web拍手

「ナナミ祭りアルバム」で初めて同人誌に参加しました

10月上旬はまだ日差しが強いなと感じる日が多かったのだけど、下旬になると
一気に涼しくなり、夜は冬並の寒さに!一ヶ月でこんなに変わるんだと驚いた。
去年のこの時期はまだ夜も秋らしい気候だったと思うんだけどな・・・やれやれ。
夏が嫌いと言いつつ寒いのだって得意では無いのだ。寝る時は冬の方が良いけど。
夏は寝苦しい事が多いからね。反面寝すぎてしまうというデメリットもあるけど。
暖かいおふとんに包まれる幸せたるや・・・一生おふとんの中で寝て過ごしたい!

先月の背中のでき物の件、皮膚科に行ったら経過は良好だったので良かった。
でもまだ小さいでき物の方に薬は塗り続けています。あと診察日に、診察室から
恐らく幼稚園児と思われる女の子の「嫌だー怖いー」という声が聞こえてきて、
絶叫がしたかと思うとその後は延々と泣き声が聞こえてきた。可愛かったな。
可哀そうではあるんだけど、子どもが全力で泣いているのはとても微笑ましい。
赤ちゃんの泣き声に文句を言う大人も居るらしいけど、いまいち共感できない。


この一ヶ月で更新された好きな作品は「イコノクラスム」、「だいずしろっぷ」、
ワールドエンドへようこそ」、「短編置き場」、「4コマ短編集」など。
投稿したものは眼鏡FA祭り2020ワールドエンドへようこそ」のFAを、
鼻毛先生のお誕生日にプリパラ」のらぁらの絵を、つばき先生の次女さん
お誕生日にも絵をそれぞれ1枚。いただいた集合FAへの返信絵も1枚描きました。
あと「百合少女交響曲♪」9話の冒頭4ページを描いて25日にsage更新しました。
話は進んでいませんが、読んだり感想を送ったりしていただけると嬉しいです。

sage更新した「百合少女交響曲♪」9話の一コマ

sage更新した「百合少女交響曲♪」9話の一コマ

お読みくださった方々、ご感想をくださった方々、ありがとうございました!
あと眼鏡FA祭り2020へのご参加もありがとうございました!感謝しております!
それと31日にも読者ページにFAを1枚投稿し、アンソロジーにも投稿する予定。


7月1日に、Twitterで行われた「幻想水滸伝」のナナミの作品を投稿する
ナナミ祭り2020」に参加し、このブログでは毎年恒例の感想も書きました。

そして去年まではTwitterで楽しむだけでしたが、今年は参加作品をまとめた
同人誌を作る企画も持ち上がっていました。ナナミを集めた一冊!素敵すぎる!
僕は同人誌に参加するのが夢だったので、それが大好きなナナミの本なんて!と
もちろん一も二もなく参加させていただき、すぐに購入させていただきました。

 

「ナナミ祭りアルバム」表紙

おふたりの作品が散りばめられた裏表紙も素敵ですよ!

こちらが届いた本です。表紙は主催のてらこちさんとエルさんの合作イラスト。
エルさんの艷やかなハイライトが美しいナナミに、てらこちさんの様々な表情が
魅力の元気いっぱいなナナミが合わさった、素晴らしい合作表紙だなぁ・・・。
手に取ると、ナナミがぎっしり詰まったオールカラーページの嬉しい重み!
驚く事に、92ページもあって1350円!これだけのボリュームで!すごい!!!
表紙の材質も良いし、本文の紙も厚めで豪華で、いろいろと大変だったんじゃと
心配になるくらい。このクオリティで同人誌なのか・・・!とびっくりしました。

驚いたもう一つの理由は本文のデザイン。柔らかなクリーム色をした、写真を貼る
本物のアルバムのような模様の入った背景に、桜の花びら、ひまわり、水玉模様、
そして作者名の背景の様々なパターンのデザイン!めちゃくちゃ凝っている!!!
他の方が描かれた作品が写った部分を載せて良いかちょっとわからなかったので、
僕の絵の部分だけ載せます。この名前の背景が何パターンもあるんですよ!!!

「ナナミ祭りアルバム」に掲載された僕の絵

掲載順は投稿順みたいで、僕の絵が最初のページで嬉しい驚き!

作品に暖かく寄り添い、優しさで包むような意匠に惚れ惚れしてしまいました。
もしかしてデザイン系のお仕事をされていたのだろうか・・・僕にはまったく
デザインセンスが無いので、どれぐらい大変だったかも想像つかないな・・・。
これらを考えて作るのに何十時間もかかったのでは。おふたりともおうちの事も
ある中で作業された事を考えると、ただただ頭が下がります。尊敬します・・・!

作品はTwitterですでに見ていても、こうして近い距離で眺める事ができると
より楽しいですね。しかも全ページが好きなキャラなんだから嬉しさしか無いw
鮮やかなイラストを眺めるのも、漫画や小説が読みやすいのもとても嬉しいです。
僕は電子書籍が苦手なので、紙媒体で読めるのはすごくありがたいんですよねw

あともう一つ買って良かったと思ったのが、本文の間のページに描かれていた
後ろ姿のナナミ。樽を置いて一仕事を終え、顔を見上げてふと気づき、驚く。
懸命に駆け寄って、喜びがあふれて大きく両手を広げ、ふたりに飛びつく!
Ⅱ主人公とジョウイに再会したナナミの物語になっている!めっちゃ良い!!!
表情を見せなくても、後ろ姿の一枚絵だけで感情がしっかり伝わる表現力が
素晴らしいなと思いました。もう一冊読んだかのような満足感を覚えました。

僕は普段幻水界隈に生息している訳では無いので、詳しい訳でも無いんだけど、
このおふたりだからこそこれだけ良い本になったんじゃないかと感じました。
そもそも、もちろん人気のあるゲームとキャラではあるけど、こんなに多くの
作品が集まったのはおふたりの人望があったからだと思うし。ナナミ好きの
一人・・・に数えられないほど遠くに居る僕ですが、本当に感謝申し上げます!

こんなに素晴らしい一冊に自分の絵があるなんて、とても光栄で嬉しいです!
手元に置けるのが幸せな、宝物になった一冊です。ずっと大切にします!!!
このたびは参加させていただき、そしてお忙しい中アルバムを作ってくださり
本当にありがとうございました!!!またこれからもナナミ祭りが盛り上がり、
ナナミ好きのみなさんが笑顔でいられますように!応援しております。終わり。
Web拍手