金魚ちゃんをインストール

憂鬱系青羊のエッセイ的なブログ

週一ブログ→https://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなどはこちらからどうぞ!→Web拍手

その他

2019年のまんぷくさんの可愛かったエピソードや発言

2019年のまんぷくさんの可愛かったエピソードや発言のまとめ。

2018年のまんぷくさんの可愛かったエピソードや発言

2018年のまんぷくさんの可愛かったエピソードや発言のまとめ。

亀日記

さて今月分。新ブログ、新都社関係の記事はあまり書いていませんでした。 新都社関係の記事を書く→ブログをageる→その後はまじめに書かないと いけない、なのでブログをサボる為にあまり書かなかった。その代わり 絶クレ関係の記事を結構書いたような気がす…

不死鳥先生への手紙

今回は不死鳥先生へのおてまみを書こうと思います。 一年前以上前から書こうと思っていたのに、ずいぶん遅くなってしまった。 読んでもらえる機会があるとは思えないけど、書いておきたかったので。 (緑鳥先生と呼んだ方が良いのかなとも思ったのだけれど、…

僕の借りていたスペースは

学生時代はそれなりにたくさんの友だちに恵まれていた。 真面目な人やチャラチャラしてる人関係無く仲良く話す事が多かった。 でも悩みを話したり相談したりした事は無い。深く付き合う事は無かった。 今でも交流を続けている友人は二人ぐらいしか居ない。 …

仕事をしながら考えていた事

「他の開発メンバーよりも遅くまで残って頑張らなきゃ」 「新人だから」「早く一人前にならないといけないから」 「社会人なんだから」「作業に時間がかかっているのだから」 「新人は会社にとって負債、教育するのにコストがかかるんだから 僕は自分を犠牲…

長所とか2

8月に描いたFAの下書きを一週間ぐらいかかって完成させた。最近は 下書きを描く→ペン入れ→挫折or悩む→違う絵の下書きを描く というように、途中で他の絵を描き始める事が多かった。 集中力と一瞬力の低下が顕著だ。絵も成長していない。 5月に描いていた時は…

自己否定について思う事

自分を認め、受け入れてあげたいと思い自分を掘り下げていくと、 当然、見たくないモノもたくさん発見する事になる。 今まで目を逸らしていた汚い部分、気づきたくなかった醜い考え。 それによって自己否定をより強固なモノにしてしまう事が多い。 「ああ、…

食事について考えようのコーナー

今まで「体の為に良い事をしよう」と考える事は少なかった。 インスタント食品やジャンクフードは滅多に食べなかったけど、 準備するのが面倒で適当にあるものを食べたり、食事を抜く事が多かった。 けど何度か話を聞いて、ちょっとだけ「改めなきゃな」と思…

思い返してみると、いつも優しいひとが見守ってくれていたような気がする。 ずっと前から、僕が苦しんでいる時も。何となくそう思うのだ。 嬉しくて少し泣いてしまった。あくまで僕の想像なのだけれど。 ああ、何もできないのは嫌だなぁ・・・弱いままでいる…

生きる事について思う事

生き続けるのであれば、「生きる」と選択しなければいけない。 これからも生き続けるのであれば死にたがるのをやめないと! 「死ぬ事を考えている」「生きるの嫌だ」じゃないよ!いい加減にしろ! 君は生きるって決めたんだろう?ならぐちぐち言わないで、 …

幸せについて思う事

幸せに生きたい。 ほとんどの人はそうだろう。僕だってできれば幸せでありたいと思う。 しかし現在において、僕は毎日死ぬ事ばかりを考えている。 幸せになる事、死ぬ事。どちらが本当の望みなのか。幸せになる為にはたくさんの壁を乗り越えていかなければな…

どうでもいい

はてなダイアリーでも8月1日から広告が挿入されるようになった。 一番上の記事のみだけど・・・広告無しが一番の魅力だったのにな。 まぁ無料サービスだから文句は言えないんだけどね。 条件が同じなら、デザインの編集がしやすいはてなブログに 移っても良…

関わりって何だっけ

地震の時に痛感したけど、ネットでしか関わっていない人が 事故に遭ったり病気に罹ったり事件に巻き込まれたりしたとしても 僕に知る術は無いんだよな。知った所でどうする事もできない。 僕には何の力も無いし、あった所で相手の顔も名前も知らない。 そし…

独り

さて。 不死鳥先生の作品の登録が解除された一週間前から、何度も 「自分の今の気持ち事をブログに書いて整理しよう」と思ったけど、 マイナスの感情を反芻してばかりで絶望的に考えがまとまらなかった。 下の記事を書いてリハビリしたら、やっと少しまとも…

世界と君との温度差

感謝の気持ちや好きという感情がどんどんどんどん溢れてくるもんだから、 時々、自分が特別な感性を持った存在のように錯角する事がある。 唯一無二の・・・とか、選ばれた・・・というような、 他人には無いモノがあるといった種類の『特別』では無くて。 …