金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

地震から七年

もう3月も中旬かぁ。まぁこれを書いているのは一週間以上前だけど。
暖かい日があったり、かと思えば寒い日もあったりな日が続きます。
体調にはお気をつけてお過ごしください。花粉も飛んでいるようですし。
僕は二十数年生きてきてまだ花粉症にはなっていない。いつか身体の
許容量を超えて発症してしまう日が来るのだろうか?嫌だなぁ・・・。
でも両親は花粉症になっていなかったので、僕も大丈夫かもしれない。
なんて、フラグみたいなのでやめておこう。みなさまもお大事に。

前回更新から今回までの間に更新された好きな作品は「GirlsLife」、
僕と先輩の代理魔女戦争」、「エンブレム」、「黒霧沼の魔女」など。
商業作品も含めて、最近はあまり作品を読みたい気分にならない。
昔と違って、描きたい欲求と完全に逆転してしまったな・・・。
描いたものはきぼん祭り用のFA3枚と新作漫画「百合少女交響曲♪」、
「そうだ、FAを描こう」も3ページ、あと今月更新する漫画も2ページ。

「百合少女交響曲♪」2話の一コマ
投稿した「百合少女交響曲♪」2話の一コマ

 

今日で東日本大震災から七年が経つ。毎年この日にブログを更新している。
先日も国元兵太先生の作品のコメント欄にコメントが寄せられていた。
つい昨日の事のように感じるけど、もう七年も経つんだ。早いな・・・。
七年というと幼稚園児が中学生になるぐらい長い時間だ。そう考えると
めちゃくちゃ時間が経ってしまったのだな。つばき先生とだんなさんが
出逢って結婚してお子さんが産まれるくらい長い時間だものな・・・。
一方僕は無為に過ごしてきた訳だ。この七年で僕は何を得たのだろう。
得たものより失ったものの方が大きいような気がする。もう戻れない。

過去に何度か「自分が心配性である」という話は書いてきたけど、
思えばこの震災が起こってからその傾向が強くなったように感じる。
それまでの僕は、そこまで他人を心配する事は無かった気がする。
それだけ大切な存在が増えたという事だから、良い事なのかもだけど。
大好きな人々が失われる事、その消息が永遠にわからなくなる事への
恐怖と心配。何度も書いているけど、ネットでしか交流が無かったら
知る事ができない部分が多すぎますからね。一生待ち続ける事になる。
たった一日前の穏やかで幸福な日々、それを当然の事のように
享受していた自分がひどく羨ましく、そしてひどく愚かに思えた。
11日からしばらくは、毎日本当に落ち着かない日々を過ごしていた。
もちろん楽しい事もあったし、それを楽しむ事もできていたけど、
ココロのどこかではずっと引っかかっていて。他の人にとっても
そうだったと思う。震災はこの一日で多くの人を変えてしまった。

先日も、つばき先生の1歳の娘さんがインフルエンザになった時は
とても怖かった。後遺症が残ったらどうしようとか、もしも、もしも
失われてしまったらどうしようとか。その事も、そうなった時に
つばき先生が悲しむ事も耐えられない。しばらく何を観ても聴いても
情報が素通りしていくようで、上手く物事を飲み込めなかった。
幸い重症化する事無く治って、すごく胸をなでおろしたのだけど、
インフルエンザは恐ろしい病気なのだなと初めて気づかされた。
亡くなる人も居るとは知ってはいたけど、わかってはいなかったのだ。
また来年も罹ったらどうしようと今から心配してしまっているけど、
どのみち僕には何もできない。ただ娘さんの健康を祈るだけだ。
病気からも、それ以外の脅かすものからもいつもお守りください。
ずっと元気で、毎日幸せでありますように。そんな日々の祈り。

僕には何もできない。祈る事しかできない。当たり前なんだけどね。
でも、心配しすぎるのは良くないよな・・・どう改善すれば良いかは
わかってはいないんだけど。今回はそんな心配の事について書く予定
・・・だったのだけど、自分の中で答えが出ていなかったので駄目だった。
数年後にはしっかりとした指針ができていると良いのだけど。終わり。

Web拍手