金魚ちゃんをインストール

RM307のエッセイ的なブログ★3

週一ブログ→http://rm307.hateblo.jp/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

三年前。その頃はまだ

「一ヶ月更新していないからスパム対策をオンにしました」と
はてなから通知メールが来ていたので久しぶりに書こう。
近況報告。今日から始まったコニー8周年FA祭りに一枚投稿。
そしてこの前三年数ヶ月ぶりにプロ野球の公式戦を観に行った。
ああそういえば、今日でRM307になってから三年が経つんだな・・・
けどそれについては去年書いたので、今日は野球の事を。

試合はとにかくミスが目立って、05、07年の悪い時を思い出した。
当時と同じように、今のメンバーも若い選手が多いのだ。
あと二、三年すればだいぶ良くなっているのだろうとは思う。
今は内野に要となる選手が居ないのが残念。
ピンチの時投手に声をかける選手が誰も居ないのがちょっとなぁ。
・・・っと、つい口うるさくなってしまうな・・・。
試合自体はぐだぐだだったけど、白球や選手の動きを追うのは
やっぱり面白かったし、攻撃時にメガホンを振ったり叩いたり、
ストライクを取った時に拍手したりと懐かしい事をいろいろしてきた。
選手のボールを投げる腕のしなやかさとか、鮮やかな守備とか、
スチールを刺す連携とか、スタンドに飛び込む打球の軌道とか、
そういうのが大好きだった事を、久しぶりに思い出した。

昔はよくネットで観戦したり、球場に足を運んで応援団の人たちと
外野席で声を出していたりしたのだけど(選手の応援歌も結構歌えた)、
FAを描き始めるようなってからは絵と絶クレに集中する為に
球場へ行く事はおろか野球を観る事自体をやめてしまった。
その間に好きな選手が引退したり、メジャーへ行ったり、移籍したり、
怪我をしていたりと三年前のスタメンの中では二人しか出場しておらず、
大好きだった選手の背番号を違う選手が着けているのを見て
「ああ、あの選手はもう居ないのだなぁ・・・」とすごく寂しくなった。
情報としては知っていたのだけど、実際に球場で目にすると、
楽しい記憶の中に残っている映像との差異を意識せざるを得ず、
寂寥感、喪失感を外から強く感じさせられた。
もっと素直に楽しく観戦できれば良かったのだけど、
最近大切なものを無くす事ばかり考えていた所為か上手くいかなかった。

三年もあればチームの印象はがらりと変わってしまうのだな。
新都社もそうだな、と観戦しながら考えていた。
いつの間にか更新している作品のほとんどが知らない名前となった。
一番作品を読んでいたのも三年ぐらい前。
その時連載されていた作品や作者さんの事を思い出すと、
何とも言えない気持ちになってくる。
そんな中で昔の作品や好きな作品が更新されると嬉しくなるなぁ。
この前はもんたんぺん、昨日は羊。の作者さんが復帰されていた。
うらめしやも再登録されたし、普通じゃない!の更新も早くて嬉しい。
でも消えていく作品も多い。新都社じゃないけど、先月の14日に
てむお先生の「にじドラゴン」などの作品が消滅していた。ブログも。
サイトのWCRの投票ボタンを押すのが日課だった・・・。
残念だ。またいつか復活されると良いな・・・。

長くなったのでこの辺で終わり。今日は害の無い内容を書けた、かな。
昔と比べて「あの頃は良かった」みたいな回想をしてしまう事が多い。
あまり良くないよなぁ。今をもっとちゃんと生きられたら良いのだけど。
おやすみなさい、と相手に届かない言葉を口にしてみる。
眠りにつけるのはまだしばらく先になるだろうけど。